AGAと診断されたらAGA用の育毛剤を

薄毛や抜け毛の原因は多様であることから、多くの種類の育毛剤が販売されています。

ですから、育毛剤を選ぶ場合、自分にあったものを見極めて選ぶということがに非常に重要となるのです。

特に男性の場合、AGAか、そうでないかによって、育毛剤に配合されている成分が、かなり異なってきますから、まずは自分がAGAによって薄毛や抜け毛が進行しているのかどうかを知っておくことが、効果のある育毛剤を選ぶ第一歩となります。

生え際の薄毛が進行しており、正面からみるとM字型に見える、または頭頂部の薄毛が進行しており、O字型になっている場合は、AGAである可能性が非常に高くなりますが、医療機関で5αリダクターゼの存在を調べてもらうと、はっきりと知ることができます。

AGAと診断された場合は、抜け毛の原因となりAGAを促進させている悪玉男性ホルモンDHDの生成を抑える成分が配合されている育毛剤を選ぶようにしましょう。

主な成分として挙げられているのが、オウゴンエキス、ヒオウギ抽出液、そして冬虫夏草エキスなどですから、成分表示を確認してら選びましょう。

また、AGAの人は、悪玉男性ホルモンDHDによって、ヘアサイクルが乱れていることがほとんどです。

ヘアサイクルが乱れると、髪の毛の成長期が短くなるので、細くて短い髪の毛しか生えてこなくなるのです。

ここで大切なのは、この細くて短い髪の毛をしっかりと育てて失わないようにすることです。

血行促進効果がある成分のセンブリエキスやジフェンヒドラミンHCIなどが配合されている育毛剤を使用して、頭皮の血行を活性化し髪の毛まで栄養を届けるようにしましょう。

◇◇関連ページ:AGA福岡秘伝の技◇◇